2014年3月24日

Non-abstract 具象画はじまる

video
具象を描くようになる。これは、飛行機。She started to draw the object rather than abstract.
ピカソみたい。Look like a Picasso drawing. It is airplane.
小さい紙に大胆に構成。春風みたい。then move to smaller paper. I feel like the spring wind. She said rain.
春らしく、力強い1枚。Then a beautiful spring drawing.
Then we walked down to the town in the evening. 夕方から、街まで散歩。ケミカルウォッシュのズボンがまぶしい。
親は、連休とか休みになると、どこかに連れて行かねば、と思う。しかし、ナノカにどこに行きたいかと尋ねると、「おうち」と言う。普段、家で、ゆっくり思う存分遊んでいないので、一緒に、家で過ごす事が、一番の希望なのだ。そこで、中日は、自宅にて、のんびり。途中、クレヨンを出して来て、絵を描きたいと言う。せっかくなので、大きな紙を出すと、大胆に大きな丸から、はじまった。
先日までは、ほぼ、何も考えずにクレヨンの動く方向に線を引いていたナノカだが、ブツブツ、独り言をいい、「ブーンと飛ぶヤツよー」「お客さんも、乗ってるよー」と、飛行機を描いている様子。具象を描く時期に入ったようだ。ほぼ無意識に作られる抽象の世界に、さよならを告げるのかと思うと寂しいが、やはり、「これを描こう」という意志によって描けるようになるのは、大きな成長なので、喜ばしいことだ。
夕方になり、家族で、徒歩で山を降りた。パパも一緒の、夕方の街は、ちょっと新鮮だったよう。車じゃなかったので、安ワインを少々、引っ掛ける事ができた相方も、楽しそうだった。
What she wanted to do for the long weekend was playing at home. I guess she was staying at the school most of the time of the weekday and she had no time to play enough at home. So on the second of the day off, we tried to have relaxed time at home. She started to draw with crayon.
Now she started to draw the specific object rather than abstract. I miss a little bit pure abstract of the baby drawing, but it is a big step for her in the term of the development, so I am very glad to see.
In the evening, we walked down the hill to the town. It was also non-every day thing for her and looked very happy.

0 件のコメント: