2019年3月21日

リトルアーティスト「パネル はるの かべがみ」 

今日は、まず、パネルの水貼り。
それから、ウィリアムモリス、アールデコのテキスタイル、現代のテキスタイルなどを見て、平面デザインをしました。

 お昼休憩を取ってから、混色の勉強をしました。
その色を使って、パネルに着色していきます。
中間色が使えるかな。
年中さんの作品。中間色だけど、反対色が使われていて、とても、心地が良い作品。
とても、ていねいに混色していました。シンプルなラインワークに、ていねいな色塗りで、空間がいい感じです。
雨と晴れをテーマに、デザイン。とても、モダンで、それでいて、やわらかい色合いで、かっこいいですね。クレーを思わせます。
初めて参加の年長さん。とても、おもしろい、デザインを描きました。絵の具も初めてで、すこし、細かい絵を塗るのに苦労しましたが、色を混ぜる作業を、楽しめていました。いい色使いです。
4歳の女の子は、私のデザインした絵に、自分で作った色を、塗ってくれました。ものすごい集中力と、しっかりした筆使いで、とても、たのもしかったです。また、一緒に、絵の具をやろうね。
こちらは、抽象的なデザインなのだけど、反対色をしっかり、つかって、とても、目立つ作品になりました。「青いメロンのある静物」みたいなタイトルで、ピカソとかの作品にしれっと入っていそう。
こちらは、最後に背景に塗った赤が、とても、ビビット!ピンクのお花はその影響で、見えにくくなっちゃったけど、パネルとしては、とても、個性的で、明るくなりました。青と緑がしめてくれてますね。
平面のデザインから、しっかりと自分のビジョンを持ち、最後まで仕上げました。色使いも、とてもポップで、それでいて、調和しています。最後まで、集中して、しっかりと完成させたのも、すごいと思います。もっと、こんな作品を見たいな。
こちらは、中間色のやさしい色で、東欧の壁飾りのような作品を作ってくれました。緑と水色が、ともすると、区別がつかなくなりがちだけど、色をしっかりと作ったので、イメージがつぶれることなく、きれいに見えています。 
長丁場の作品作りに、とちゅう、何度も疲れてしまったのに、最後には、背景まで塗りたい、と言ってくれました。横向きに、続くイメージは珍しかったです。楽しめたかな?
描きたいイメージは、すぐ決まり、すぐに塗りたい気持ちを抑えて、今日は、混色を頑張りました。中間色が加わることで、世界が広がります。背景も白く残さず、薄紫で塗り、全体の完成度を上げました。これから、この経験が、作品に反映されていくのが、楽しみです。
こちらは、混色で作った中間色を、水彩の特徴を生かして、淡い色で仕上げました。やさしい色合いが、春と遊び心を運んでくれそうな、楽しい作品。これも、シリーズで、もっと、見たいですね。
どちらかと言えば、今まで、キュートな作品が多かったけれど、ぐっと強い色を使ったり、無機的な柄を組み合わせたりと、とても、意欲的に変化していく、彼女の作品。おもしろい構成になりました。無機的な柄を、ぼかして、2色で塗るというのも、難しい構成なのに、しっかり、仕上げました。

2019年3月19日

エネルギー全開 She is powerful

土手に、野草採りWe went to pick the herbs on the clif
下処理 clean them
ヨモギ、ヨメナ、ノビル herbs
0円テンプラ Tenpura for free
草取り。1畳分ぐらい、草がなくなった!We cleaned up a part of farm.
スイートポテト用に、芋洗い washed sweet potatos for desert.
引っ越し日から、1週間経った。
未だに、箱に詰まったままのものがあるし、
収まるところに、なかなか、ものを納めていない。

でも、春の陽気に誘われて、ナノカは、勢いが止まらない。
散歩に行こうと誘われて、一番近い直売所(片道30分)に行くと、
花の苗が売っている。
欲しいと言うので、購入。本当は、
アマリリスの球根、800円も欲しかったようだが、
そちらは、却下させてもらった。

帰りの道は、二人で、苗の箱を抱えて、歩く。きつい。
近道になるのでは、と土手を歩いたところ、
ノビルを発見。
ノビルを引っこ抜くことにはまったナノカは、
帰宅後、もう一度、カゴを持って、土手に向かった。

家には、まだ、荷物が溜まってるのに、
野草摘みと、天ぷらをする母。
疲れましたわ。

でも、土手に鴨の集団が集まってるのを見たり、
レンゲ畑の甘い匂いを嗅いだり、と
日常に、こんな景色があるのは、いいものだなあと
改めて、思いました。

2019年3月18日

自宅学習 Home Study

黒の古いゴミ箱に絵の具を塗り、貼り付ける紙を選ぶ painted on the used dush box and select the papers.
デコパチしていく pasted teard papers on it
コーティングするput the coating on it
できあがりDone
イチゴジャムのラベルを、本と本物を見ながら、作る making ravels for strawberry jam looking at the real one and botanical book
できあがり Done
修了式の2週間前に引っ越した、わが家。
住民票を移すと、転校しなくてはいけないのだが、
さすがに、2週間だけ、違う学校に通うのは、つらい。
前の小学校に、3月末まで、籍を残してもらった。

2週間、自宅学習をして、修了日だけ、登校して、1年生を終える。

最初こそ、好きなだけ本を読み、畑で花を摘んでと、大喜びだったが、
すぐに、退屈し始めた。
「おともだち」に飢えているようだ。

しかたなく、工作したり、お料理したり。

昨日は、地区の子供会に入り、
初日にして、総会&歓送迎会 に出席。
ナノカは、まったく知らない子ども達の輪に圧倒されつつも、
最後には、仲間に入れて、とても、うれしそう。
私も夫も、少し、顔を覚えてもらえたかな。

人は、社会に生きる動物だから、
子どもも、子どもの社会である「学校」は必要なんだろう。
学校には、「学習」以外に、いろんな役割がある。

人と活動をすること、ケンカと仲直りの仕方、
疲れた時の休み方や、適度なサボり方、
失敗した人への声のかけ方、集団での自分なりの身の置き方、
そんなことも、生きていく上では、必要。

教科書には載ってないけど、
一個一個、経験して、身につけていくんだろう。
二人っきりの昼間を過ごしながら、
「ママだけでは、ちょいと、役不足ね」
と思う、日々である。

2019年3月15日

こんにちは、東彼杵 Move to Higashisonogi

畑つき。毎日、畑と川べりで、遊んでます。Playing at the farm next to the house.
まずは、台所だけ、大掃除+セッティング。ナノカとカレーを作りました。After moving, we set up the kitchen first. Anyway, we could cook now.
ありえないぐらい、天井が高くて、寒い。High ceiling, so it is soooo cold in the house.
ナノカの念願のひとり部屋は、古風な和室。自分でセッティングしました。She got her own room for the first time. That was traditional Japanese style.
マンションの快適な生活から、一軒家。
わかっていたけど、とっても、寒い!
お風呂もトイレも、遠く感じる。

でも、ナノカは、暇さえあれば、横にひっついている畑に行ったり、
前に流れている、ホタルのいる小川を見に行ったり、
泥だらけ、水浸しになって、ご機嫌な毎日だ。

それを見て、まだ、そうやって、遊べる時期に、
土に近い所へ引っ越して、よかったなあ、と思った。
機会をみては、自然のある所へ連れて行ってはいたけれど、
13階は、土から遠い。
一人で、自由に、虫や花と対話できる時間は、なかった。

あえて、不便な田舎へ引っ越したこと、
学校を転校すること、
選択が正しかったのか、考えてしまうこともあったけど、
この年齢の子どもは、変化をなによりも楽しめるんだと知った。

よかった。

2019年3月8日

さよなら、小学校 Last day of the school




今日で、最後の登校。
修了式には、引っ越し先から、早朝出発で出席するつもりだが、
この道を登校するのは、最後。

登校班がないので、一緒に歩いて登校してたが、
上から、ほとんどを見守れるので、
ここ1ヶ月は、一人で行かせていた。

小学生が、この坂道の小道を抜けていく、登校風景。
美しくて、好きだった。

斜面地は、バリアフリーにはならないし、建築も難しいし、
「非効率」で「生産性の低い」土地として、人気がない。
現代人は、平らで便利な中心地に集まっていく。

でも、物語は、斜面にこそあると思う。
坂は美しい。

心拍数が上がって、荷物を岩のように感じる、
この坂を、何度も恨んだけど、
お別れになると思うと、代え難いものだった気がしてくる。

不便さの中に、心に引っかかる、何かが残る。
それをそぎ落としてしまうと、
均一で、スムーズな生活は得られるけど、
舌に残るような、味わいがなくなる。

世界の、すべての坂の港町とつながる、
不便で、美しい、物語。
この坂で過ごせたこと、ありがとう。

2019年3月6日

引っ越し不適合者 Try to help moving

冬物洗いを手伝う washing delicates
クリームソースを作る making cream sauce
引越しが、来週月曜日に迫ってきた。

さまざまな言い訳で、掃除、処分、洗濯がなされぬままの
物品が、家中から、わんさかと出てくる。
今までの生活を反省しても、遅い。
ときめくものだけ連れて、引っ越したいが、もはや、その選別の時間もない。

生活も、もう、オール弁当ぐらいに
しないといけない時期なのに、なぜか、ナノカが、料理に目覚めた。
「いいことを思いついた。明日は、グラタンにする」
と言い出し、クリームソースに挑戦した。
冷蔵庫も、計画的に空っぽにしてるし、
調理器具も、そろそろ、詰めたい。
そのやる気は、引越し後に発揮してほしい。

洗濯も手伝ってくれたが、「ママ〜」とすぐ呼ぶので、
自分が作業するのと、それほど、変わらなかった。
いや、むしろ、「あ、そのボタン、押したかった」と
騒いだりするので、めんどうだ。

引っ越し、大変。
たぶん、親がピリピリしている理由が
子には、1パーセントも伝わってない。
なんか、困ってるので、手伝ってあげたいと思ってくれる。
しかし、日常生活では、「2倍時間がかかっても、やらせてあげたい」だが、
引っ越しは、締め切り前の、現実なのだ。

現場には、猫の手はいらない。
淡々と作業できる、実務労働者が欲しいのだ。
夢のようなたとえ話ではなく、効率的な静けさが欲しいのだ。

ナノちゃん、残念。君の出番は、ないようだ。
しばらく、ごめんね。

2019年3月4日

それでも、ひなまつり Doll Festival and my due

途中経過 Work in progress
土曜日、朝ごはんを作ってくれた They made breakfast
マンションの狭いところを使って、ストレッチ Stretching
引っ越し準備中、数時間だけ、お雛様を飾り、ナノカが3人分抹茶を点てました。We decorated doll only for hours and had a tea ceremony
先週は、オエ、となるほど、根を詰めて、仕事をした。
右腕は、ペンの握り過ぎで、ちょっと、ふるえがきた。

すると、金曜日の夜「明日の朝ごはんは、私に、まかせて!」とナノカが言う。
見ると、目覚まし時計が、5時半にセットされていた。
辞めてください、、、

交渉して、目覚ましは、7時に変更された。
メニューは、「ほうれん草を、卵と炒める」と「パン」と「コーヒー」だと言う。

結局、ほうれん草をゆでて、炒めて、フライパンを洗う、は、パパがやったようだ。
ナノカは、コーヒー豆を、ガリガリやって
あとは、ああするんだ、こうするんだと、板長のように、
キッチンで、いばりくさっていたっぽい。

3日は、招待していただき、不妊治療する夫婦と授かり婚のカップルの劇を
ナノカと一緒に見に行った。「子どもフレンドリー枠」だったが、
きわどい話は、チョクチョク出てきて、「は、どういうこと?」と
ナノカに、聞かれて、「赤ちゃんの卵の話だよ」と、答えた。
私は、当然、泣いたが、意味がわからないはずのナノカも、
不妊治療に揺れる女性の姿に、なぜか涙していた。

その後、公民館祭りで、PTA役員として売り子をした後、
ナノカが、友達とボーリングに行ったので、家に帰り、仕事の続きをした。
しかし、すぐに帰ってきたナノカが「ちらし寿司に何を乗せる?」と言うので、
買い物に行き、ちらし寿司を作った。
さらに、桃カステラとひなあられで、抹茶も点てた。
ナノカが、3人分、点ててくれたが、なかなか上手だった。

引っ越しなので、ちらし寿しを作ってる間に飾られた雛人形は、
桃カステラ終了後、すぐに、片付けられた。

義務は、全部、果たした。

やつが眠ってから、さらに、最後の筆入れをして、仕上げ。
月曜朝、無事、提出することができた。

締め切りだけど、ひなまつりなのだ。
母は、なんとか、二つの山を、同時に登りきれた。
3つ目の山、確定申告は、まだ、登れていない、、、
(引っ越し山は、どうするんだい〜?)