2018年10月22日

哲学ナノちゃん philosophy of Nanoka

 昔、読んだ本を、なんとなしに手にとって、読んだ。
そして、なんだか、とても、納得してしまった。

こどもの哲学、というのは、とても、シンプルな
存在に対する疑問、なのだそう。
森羅万象すべてに対して、ここにある、というのが謎なのだそう。

ナノカが、「〜は、なんで、できてるの?」
という質問をくり返す理由が、わかった。

ちなみに、哲学のお題は、年代で変化していく。

こどもは、シンプルに、「存在」が主題だが、
青年にとっては、「いかに、生きるか」となり、
大人にとっては、「世の中のしくみを、いかにするか」であり
老人にとっては、「死」となっていくのだそう。

だから、こどもの哲学的な質問に、大人は、
なにを、言ってるのか、わからない、てことが出てくる。

ナノカは、母に質問を集中させる理由を、
「ママが便利。ママしか、答えてくれない。」
と言っていたが、たぶん、ナノカの質問の意図が、
ほとんどの人に届いたことがないのだと思う。

私も、毎回「なんて、面倒なことを、聞いて来るんだ」とは思うが、
こどもの心がほんのちょっと残ってるせいなのか、意図はわかるので、
頭痛をこらえながら、毎回、答える。
そして、ナノカは、その問答自体が、楽しいのだ。

哲学は、遊びなのだそう。
「〜は、〜だ」を探し続ける、という遊び。
なので、「〜は、〜だよ」と、教えてもらって知識になっても、
ちっとも、楽しくない。
ああでもない、こうでもない、とやりとりするのが、楽しいのだ。

「そんなの、どっちでも、いいでしょ!」
「こう決まってるんだよ。」
と思うこと、度々だが、ヤボなことを、言わないでよかった〜、と思った。

ちなみに、あんまり、「人間って」「宇宙って」てうるさいので、
今、流行りの「君たちは、どう生きるか」を買ってみて、読んで聞かせたが、
これは、完全に、睡眠導入本として、扱われている。

ナノちゃん、まだまだ、「どう、生きるか」には、興味ないみたいです。
とっても、順調に、育ってます。

2018年10月21日

リトルアーティスト「マスク」 Little Artist "Mask"

今日は、世界中のマスクを見るところから、始まりました。
そして、自分の顔の大きさに合わせて、目をくり抜き、ベースを作っていきます。
毛糸を三つ編みしてみたり
ポンポンを作ってみたり
羽をつけてます。
彼のマスクは、レゲエ風?スティービーワンダー風です。
シュールでキッチュなマスク。ランダムに切ったベースの紙がアート!
ムラサキで、大人な雰囲気に仕上げました。
悪魔とエンジェルをテーマに。大きな羽がオシャレ!パリコレにパクられないか、心配。
テラコッタ風な仮面。
番外編。スーさんによる、ねこ仮面。
今年は、ハロウィーン向けに仮面を作りました。

年々、ハロウィーンは定着して、みんなが楽しむようになっているけど、
できあいのものを、購入して、競って、着ているのを見ると、
「遊び」としては、いま一歩、クリエイティビティの足りなさを感じる。

やっぱり、子どもには、自らを変身させるのに、手を使って欲しいな。
そんな思いを込めて、プロジェクトを計画しました。

シンプルなテーマだからこそ、100万通りぐらいの可能性があって、
どれも、全然、違う方向に進んでいって、見ていて、本当に、楽しかった。

2018年10月19日

和紙でもりあがる Japanese Paper

ここの所、心身停滞気味な私に、
友人が、高級和紙、ダンボール詰め合わせ、という、
「紙フェチ、鼻血ブー 」
な贈り物を、送ってくれた。
(でも、鼻血は、高級和紙では、もちろん拭かない)
 I got two box of Japanese paper from my friend.

切れ端から、シートに至るまで、
肌触り、発色、バリエーション、偶然できるにじみなど、
いくら見ていても、飽きない。
I have fetish to paper. I never feel bored watching them.

もらったのは、私だが、もう一人、横で、興奮してる女がいた。
ナノカだ。
There was another who were so excited to the papers.
That was Nanoka.

という訳で、いろいろ作ってみた。
先日の「森のモリモリブローチ」キットを使って、和紙ブローチ Broaches
教えていないのに、なぜか、ちぎり絵風 Flower field
渋い。flowers in the blue sky
私は、ミロ風をねらったが、なんかオバちゃんぽいか Miro?
「盛りすぎ」とナノカに批判された Too much, Nanoka claimed.
次は、レシピ用のノートの表紙作り We made cover for recipe notebook
主に、左半分がナノカ、右半分が私 Left Nanoka right Mom
コピーを取る Copied
製本 Front
裏 Back
コーティングや、コピーを取った際に、
和紙の風合いが、やや飛んでしまうのが、残念。
コピーではなく、直接、貼り絵で、スケジュール帳作りでもしてみるか。

2018年10月16日

原子 Atom

「原子って、なに?」を、読んでもらって、書き写すこと、2日目。完成したようだ。She completed to write down about definition of atom.
「書き写しただけでしょ。それじゃ、わからんよね。」と私が言うと、「ナノカ、わかったもん。ちょっとだけ、わからないところがあるけど。」と主張。"You just wrote down. It must be too difficult for you." I said. She claimed, "I do understand most of it!"
「本当に?ママは、もう30年、原子のことが理解できないけどなあ。」I said "Mommy did not understand it for 30 years."
言ってみて思ったが、「30年も、原子のことがわからない」て、研究者の発言っぽくない?Then I noticed it sounds like famous scientist.
かすかな記憶に、中性子だか、電子だかが、原子核のどうのこうの、、、
とやらだった気がする、原子の構造。
原子力発電も、原子爆弾も、この原子核を壊す時にできる、崩壊熱のエネルギーを
利用する、という辺りまでが、私の、理解できる範囲。

人間ができている成分に、「鉄」がある、という話から、
「なんで!?」となったけど、どう説明しようか。

元素記号が、なにがなんだか訳がわからなくて、そのまま覚えて、
さらに、進んでも、置いてけぼりを食って、五里霧中、
的な、高校物理&化学の苦い記憶が、ぼんやり。
でも、そんなのお構いなしに、ふつうに、みんな「鉄が足りない」て言うよね。
おばちゃんも、おばあちゃんも、妊娠中の若いママも。
意外に、身近に、やってくることのある、科学。

ナノカも、説明受けて、本人わかったと言ってるけど、
なにが、わかってるのか、たいそう、微妙だ。

ただ、科学のロマン性とか、理論の美しさとか、
世の中がそうやって、説明がついて、学問とつながっていくおもしろさ
みたいなものが、漠然と、感じられたら、ちっとは、いいかなあ。

そういや、元素記号表をにやにやしながら、見つめる小学生を見たことがある。
世の中には、いろいろな素養を持った人がいるんだよね。
私は、久々に、原子構造、見ちゃったよ。

2018年10月15日

シリアルじけん Serial

朝、なにやらゴソゴソしているナノカ Nanoka was hiding something
手に何か、隠し持ってる。「見せて」と言うと"Show me please" asked her.
手のひらから、シリアルが20粒ほど入った、袋が出てきた。ボタンが入ってた袋に自分で、シリアルを詰めk変えていた。In her hand, there's one package of serial packed in used small plastic bag.
5限目が終わると、いつも腹ペコなので、食べようと思ったとのこと。She thought she would eat after the school since she was always hungry.
 給食が、上手に、食べられていない。

いろいろなルールに、生まじめにし過ぎてること。
偏食があること。
食事が遅くて、給食時間内に、しっかり食べられないこと。

いろんな理由があるにしろ、とにかく、
午後の活動に必要な量が食べられていない。
シリアルを隠して、持っていかないといけないほど、
悩んでいたことに、心が痛んだ。

でも、この小汚い小袋(ボタンが入ってた中古)が
クラスメートに見つかれば、
「食べ物、持って来ちゃいけないんだよ!」と騒ぎになり、
傷つくことになるだろう。
説得して、今日は持っていくのはやめにして、
連絡帳に、給食のことについて、意見を書いて、
送り出すことにした。

ニューヨークにいた時、同居してた小学生の男の子の母親は、
「朝、起き抜けに、食事を摂れないので、フルーツをもたせますので、
授業前に食べることを、許可してください」と一筆書いて、
バナナをもたせていた。
日本じゃありえないことだと驚いたけど、
それぐらい、もっと、親は、いろいろ要望を学校に出してたし、
もう少し、ルールは流動的だった。

さすがに、バナナ持っていっていいですか?
は、ムリそうだけど、
話し合って、すこしでも、給食のストレスが解決すればいいな、と思う。

2018年10月14日

人間はなにでできてるか What is human being made of

「ねえねえ、人間って、なんでできてるの?」うーん、いろんな考え方があるよ。ある人は、水って言ったし、ある人は、考える葦って言った。
「じゃあ、ママとパパはどう思うの?」「パパは、害虫かもしれないなって思う(世界の行く末を憂う)。あるいは、原子だな。」「ママは、悪い心と良い心かな」「ナノカはねえ、血と肉と油と愛かな」

「じゃあ、魚はなんで、できてるの?」「ママは、前に進む気持ちで、できてると思う」「ナノカは、骨と肉と生きようとする気持ちでできてると思う!」ほう!
「てことはさ、魚と人間って、ほとんど一緒だよね。だって、戦争の時、人は、生きよう、て思うんだから」なんだか、哲学的なことを、いっぱい教わったような気分です。
最近、「○○は、なんで、できてるの?」が、とっても気になるナノカ。
それが、「このチョコレートは何でできてるの?」みたいなものなら、
答えがあるし、調べれば、わかるのだけど、
どちらかといえば、答えが幾つもの可能性があって、難しい問いが多い。

人間は、なんで、できているんでしょうね?
もちろん、物質としては、肉と血と骨とかで出来てるんだけど、
この「わたし」という人間は、結局、心がすべてを支配してる気もするし、
でも、一方で、世界の中で、人間一般を指すのならば、
この存在が、どういう方向へ向かわせているか、が答えなのかもしれない。

魚をはじめ、生物は「生きようとする気持ち」で、できてる
というのは、意外に、本質をついている気がする。
今の人間の生活は、それを、見えにくくしてしまうから、
時に、なにで自分が存在しているのか、わからなくなる。
でも、「生きよう」で十分なのかもしれない。

ナノカが言った「戦争の時に、生きようと思うから」は
究極な状態にならないと、それに気づかない人間の愚かさを、教えてる気がした。
なんだか、哲学的な問答をしてる。

さて、その後、ナノカは、
「原子って、何?原子って、なんで、できてるの?」
と気になり、パソコンで調べて、必死で紙に写していた。

残念ながら、私には、これを、上手に説明することができず、
ナノカは、まだまだ、モヤモヤしている。
どなたか、原子が何でできてるか、上手に説明してくれる本を
教えてください。

2018年10月12日

夫のサポート Supportive husband

ある日、なにやらファイリングしてる夫を見つけた One day I found husband filing some papers.
なんと、私の記事をプリントアウトして、ファイルにしていた(それも、ブログにアップしたのを)They were my articles. He printed out my blog of articles and kept filing every months.
たまに、1読者として、感想を教えてくれる。「今月、攻めたね〜」On another day, he told me, "you are kind of radical this month."
家族というのは、ありがたいものだ。
Family is the best thing I have.

私の仕事に影響しないようにと、無関心を装って、
こっそり、読んでいる。
Husband tried not to show his interests in my works
in order to give least influence to my job, but he checked everything.

家族は、生活共同体なので、私がポシャれば、
それなりに、影響も大きく、かなり、振り回されていると思う。
だが、黙っている→サポートしている、だ。
Family got enormous impact from what I was doing,
but just kept silence-it means they supported me.

そして、
「まあ、いい仕事してるんじゃない?」
「前には、進んでると思うよ」
と、たまに、激励してくれる。
(なぜか、上から)
Then once in a while, he told me
"You are doing good job."
"You are progressing in some way."
(a, kind of opinion from above, though)

佐世保に来て、7年目。
西の果てから、東京は遠く、年に1度の営業では、進みかけた話も進まず。
ニューヨーク時代、独身時代の仕事スタイルとは程遠い。 
7 years has passed after we moved to Sasebo.
It was far away from Tokyo,
and any projects did not go well as I expected
just one trip a year.
I recently got to feel the distance was big problem.

エージェントを入れるとか、対策を真剣に考え始める。
I have to change my way of life, work.
I am thinking of using art agency etc.