2017年6月23日

6歳のティアラ、クッキー Party of 6 year old

当日、大慌てで用意した巨大クッキー Nanoka and I made big 6 shape cookie
ティアラつけて、実食!She bite it!
ティアラは、ナノカと相談しながら、作ったので、
今年は、かなり、「王冠」ぽい、作りになりました。
私の希望としては、これに、いばらを伝わせて、バラを飾りたいのですが、、、、
(シンプル派な娘と、派手好きな母)

キャンドルの後、6歳の目標を聞くと、
「やさしい女の子になりたい」
と答えていました。

たぶん、この一言が出てきてしまったのには、
私に責任があります。

クッキーを作ろうとしていた時、ナノカが、
「どうせ、作っても、ママとパパが食べちゃって、私の分はないんだ」
と、グズグズ言い出したのを、
「思ってもないのに、どうして、そんな、嫌な言葉を言うの?
いじわるな言葉は、使っちゃうと、いじわるになっちゃうんだよ」
とピシャンと言い放ち、
そして、ナノカは、さめざめと泣く、という場面があったのです。

ナノカは、ひたすらに、おしゃべりが発達していて、
でも、まだまだ、心の成長が伴わないので、
言わなくてもいいことが、
なんでも、かんでも、言葉になります。

まだ、発展途上の心が、発する言葉は、なかなか、やっかいです。
甘えたくて、ただ、グズグズと、長く、いじわるを言います。
反対の言葉で、慰めてもらおうとします。
そして、しつこい。外で、だれかとぶつかりはしないかと、
心配で、ついつい、こちらも、口が出てしまう。

でも、6歳の目標で、ナノカが「やさしい女の子になりたい」と言ったのを見て、
こちらも、もう一度、向き直りたいと思いました。
発展途上の彼女が、言葉と心のバランスが取れるまで、
待ってあげないといけない。

私自身が、未熟で、それは、時に、難しい。
だけど、ナノカの6歳の目標を支えるために、
私も、「おおらかな母」になりたいと思いました。
とても、難しいですが。

プレゼント Present

she got picture books from Daddy
she got tickets for ballet concert in summer.
she got fabric box and other crafts materials from me.
Nanoka said to me, "I am sorry to make you use so much money for these" It was like middle age women who knows the life well.
いろいろ、作ろうね
誕生日パーティーは、週末に、キャンプでやろうか、
と計画を練っていた。
毎年、自宅一室で、飾り付けして、料理して、、、、と
大変な割に、ワンパターン化してきてたからだ。
屋外でやったら、それも、思い出になるかなあ、と考えたのだ。

だが、ナノカは、ツユ子(梅雨生まれ)。
週末の天気は雨マークだ。うーん、どうでしょう。

誕生日の当日、
「プールに行きたい」と言う。
小学校になったら、休んで、遊びましょう、なんて事も出来ないし、
叶えてあげられる範囲の願いだし、二人で、バスに乗って、エコスパに行くことにした。

移動の途中で、
「やっぱり、パーティー、今日、やりたい!」と言い出す。
「今日、餃子なんだけど。それに、ケーキも、もらいものがあるから、
それになっちゃうけど?」と言ったが、
「うん!それでいい。今日が誕生日だから、今日がいい」と言う。
本人が望むなら、まあ、それでいいかなあ、と急遽、変更。

ということで、平日の空いた、市民プールで泳ぎ、
おにぎりを食べて、電車とバスに乗って、帰宅して、
餃子と、クッキーを、作って、パパが帰ってきてから、お祝いした。

料理中、ナノカが、なにかを一生懸命包んでいる。
「プレゼント交換は、まだかなあ」と食事中にも、言っていた。
プレゼントをもらうのが嬉しすぎて、パパとママに、プレゼントを
用意してくれた(中身は、ぬりえをぬって、カードにしていた)

とっても、うれしそうだった。
どれだけ豪華な料理を並べるかとか、立派なプレゼントをもらえるか、
ではなく、気持ちに沿ってあげることが大切なんだな、と
なんだか、学び直した気持ちだ。

どのプレゼントに対しても、「ありがとう!」と、うれしそうに、
きちんと、お礼を言う姿が、とても、印象的な6歳の誕生日でした。

2017年6月20日

Tiara for 6 years old 6歳のティアラ

6歳のティアラ パパとママの腕輪も作りました Tiara for 6 years old and bracelets
今年のテーマは、「プリンセス」。いばら姫を予定してましたが、ナノカに却下され、普通の王冠に。The theme is "princess" I offered the sleeping beauty with ivy but she disagreed.
今年も、共同で制作です。We made together.
毎年、誕生日には、ティアラを作って、かぶって、写真撮影している。
去年は、「リボン」その前は、「パリジェンヌ」「キッチュ」「星」「チューリップ」
と、その時の好きなものや、テーマを考えて、作ってきた。

今年は、「プリンセス」
誕生日プレゼントに、ナノカが見に行きたがっている「眠れる森の美女」のバレエのチケットを買ったので、テーマを、「いばら姫」に揃えた。
ティアラも、いばらをつたわせた、デザインを考えていたが、
イヤだと却下された。
プレゼントはサプライズなので、テーマも知らないし
説得のしようもないので、まあ、しょうがなし。

2017年6月19日

布箱 Fabric Box

ナノカの誕生日プレゼント ママ作 布箱 Pasted papers on box
去年のお裁縫箱から、布だけ、独立させますit will be fabric box for her birthday present
ナノカは、宝箱を作りましたshe made treasure box
もうすぐ、ナノカの6歳の誕生日。
Nanoka's 6 year old birthday is coming.

何ヶ月も前から、「何が、もらえるんだろう」と、張り切っているナノカ。
こちらも、プレッシャーが大きいです。

ナノカは誕生日に、家族全体から一個(去年は、デジカメ)の他に、
パパから、ママから、個人的なプレゼントをもらいます。
We each had given her birthday presents thinking of her present interests.

私は、手作りの品だったり、道具だったり、そんなものを、渡します。
去年は、裁縫道具でした。
Last year I gave her sawing box.

今年は、その補足で、刺繍の道具と、アクセサリーを作る
材料を用意しています。
本人が、「誕生日には、カチューシャが欲しい」
と言ってたので、
一緒に、いろいろ、アレンジしたり、手作りしたりしようかなあ、と思いました。
This year I gave her fabric box since her sawing box is now in chaos.

とはいえ、隠れて、いろいろ作るには、限界も出てきたので、
箱作りは、一緒に作業しました。
ナノカは、「宝箱」と言って、名刺の空き箱をアレンジ。
「ママは、何にするの?」と聞いてきたので、「宝箱」と答えると、
「何入れるの?」と聞くので、「ナノカ」と答えときました。
「入らんし」と、ウケて、多分、ごまかせました。

パーティーは、週末に、どっか、キャンプでもしながら、と計画中。
アウトドアバースデーなんていうのも、たまには、いいかな、と。

考え事 Think about what?

ピアノのレッスン待ちで、前の子のママさんが、「毎日、練習してます?」と言うので、While waiting for Nanoka's turn of lesson, the other mom asked me if Nanoka practice every day. I answered, "Well it is tough, since she got mad if I asked her to do."
「言うと、怒るんですよねえ〜」と返事すると、反論。Nanoka explained why she got mad, "Mom said to me when I thought about something important!"
そんな事、考えてたのかい!"Something like whom I should marry to!"
今から、吟味しても、役に立たないと思うよ〜"Well, it is too early to decide. All the boys will be change in the future. One chatting boy becomes nice intelligent man and handsome boy became very fat man." What kind of conversation we were having in front of other mom,,,
ナノカの4歳の誕生日を迎えると、「ピアノ、習わせてよ」と
自ら、交渉してきて、もうすぐ2年。
言った割には、最初は、毎日、練習なんて、するはずもなく、
ずるずる、習っていたが、
1年経つ頃に、ようやく、練習する習慣が身について、
曲がりなりにも、続いている。

しかし、エベレストのように高いプライドのせいか、
間違えると、すぐ泣き、
少しの指摘にも、癇癪を起こす。
毎日のレッスン(たかだか15分程度)は
見ている親の方が、気が重い。

天才じゃなさそうだなあ、というのは、わかった。
そして、親にとっては、ちょっとした苦行である。
(横について、見ていても、怒られるし、
そばにいないと、泣いて、呼びに来るし、、、)
でも、泣いてる割には、終わるとすっきりした顔をしていて、
「レッスン嫌だ、、、」と言うことは、ない。
 エベレストに見えたが、案外、烏帽子山ぐらいなのかもれない。 

それにしても、結婚する相手を考えて、ボーッとしてることなんて、
あるのかなあ〜(本を読んでる時以外は、しゃべってるので、
そんな事、ありえないと思うのだが、、、)

2017年6月17日

ナノカファースト オリジナルバッジ Nanoka1st Original Budge

450yen each
450 yen each
500yen
500yen
500yen
ナノカファーストの、新しい商品ができあがりました。
New productions from Nanoka1st.

バッジです。結構、大きいです。
(1セント硬貨を、大きさを見るために並べました)
サイズで、450円と500円で販売いたします。
Budges are 450yen and 500yen for sizes.

ナノカファーストらしい、おひめさまのシリーズと
ウサギの2本立てです。
チョウチョとバレリーナは、母の試作品です。
Princess and bunnies by Nanoka.
Butterfly and ballerina by Mom.

取り分について、話し合いました。
200円(材料費 運営費)
200円(ナノカの取り分)
50〜100円(母の取り分)(母作は、母が全額)
Each sale goes 200yen for material etc,
200yen for Nanoka and 50-100 to mom.

今回は、デザインの価値が高いと見なして、デザインした人の取り分を増やしました。
補助的な、プラ板の切り取り、焼き、コーティング、裏打ち、金具の取り付け、
などは、やや安めに設定しました。
We set that design and making art work are highly priority for this prodcuts
and other craft work such as cutting, burning, coating, putting felt and pins
are a bit cheaper.

ナノカの目標金額は、2000円だそうです。
何回か、作らないとダメですね。
ガンバレ!
She is trying to make 2000yen before summer.
Good luck!

2017年6月14日

もう、なってるじゃん! I already became one!

車中にて、3つの願い事を強要される。In the car, Nanoka asked me "Make three wishes!"
母として、おもねったつもりが、即答で却下される。"Well, I wish Nanoka will be a kind pretty wise girl." but she said, "I already became one. You have to find another one!"
思いつかないので、テキトーになっていく"OK. I wish today's dinner will be good one." The wish became easier one,,,
もう一個、愛する娘ネタにしたが、すごい自信で、また却下。"And second?" "I wish Nanoka will make progress at Piano and Ballet." "I already became. Make another one!"
ナイスバディの説明が難しい。I could not find right one, so "I wish I became nice shape body!" "What do you mean?" "Big bast, small west, cute hip and long legs." No body said, "You already became one"
なんで、て、かっこよくありたいからだよ。みんな、失礼だ!but husband said, "What are you going to do with that body now?" Well I just want to be cool!
こどもの、唐突な質問。
「3つの願い」
考えてたら、即答なんて、できない。
ということで、「今日のご飯」とかになっちゃうわけだ。
大人とは、3つの願いが、簡単に出てこない、さびしい生き物なのか。

一方、お嬢さんの「もう、なってるじゃん」は、ビックリした。
本気なのだろうか?
だとすると、本当に、幸せな人だなあ。