2014年4月21日

2 year old and 10 months 2歳10ヶ月

クリスマスに、「ボタン集め」している事が、知れ渡ったナノカ。知り合いの方に、瓶詰めのボタンをもらいました。そのボタンを並べて、「汽車」、重ねて「サンドイッチ」、と夢中で遊んでました。On the last Christmas, Nanoka became famous for her collection of the buttons. A person gave her binned buttons and she played with them making train, sandwitches. Amazed how much kids can play with one things.
video
video

2歳10ヶ月になった。
ナノカは、相当な、甘えっ子だ。家で、単に、私を見くびって、甘えているだけかと思いきや、保育園でも、「なのか、できなーい」と先生に甘えているらしい。性格か、、、本当はできるはずの、着替えも、片づけも、とにかく甘えて、やらない。気が向くと、洗濯物を一緒に干したり、たたんだり、食器を運んだり、机を拭いてくれたり、すらするが、こちらが、「一緒にやらない?」と誘うと、「やらない」と言う。継続して、何かをしてもらう、というのは、期待できない。という事で、なかなか、いろんな事が、うまくならない。
一方で、 とにかく、言葉だけは発達しているので、いい訳が理屈っぽかったり、こちらの言い分に少しでも、矛盾があると、追求してきたりする。「ママは、前に、こう言ってたのに、おかしいよ」とか。発言に、気をつけないと、面倒な事になる。私とナノカのやり取りを見て、「なんだか、面倒くさそうだなあ」と、相方が言うが、仕方ないのだ。真剣に向き合わないと、女子同士は、いろいろ、もめるのだから。
でも、こっちも、やり切れなくて、イラっとして、「もう、いいの」とか、「ちょっと、黙ってて」と、ピシャリと突き放してしまい、大泣き。後で、反省したり、、、大人対赤ちゃんだった時は、保護する側、保護される側、のシンプルな関係だったのに、関係が悪化したように、感じることも。
子供は、そもそも、倫理的に、非常に正しく生まれついているようで、いろいろな世の中の矛盾や、現実を受け入れられなくて、傷ついている事もある。例えば、「ゴミは捨てちゃいけない」と思っているので、歩いている間中に見つける、すべてのゴミに対して、「いかんねえ」と心を痛めている。お友達に、ムリヤリ、オモチャを取られ、その間違いを正してもらえず、オモチャを取られっぱなしになってしまったのを、次の週にまで、「イヤだった」と引きずる事もある。大人にはわからない、ストレスを、相当抱えているのだ。フォローしてあげたい、とは思うが、どこまで、できているのか、、、
この複雑で、取り扱い注意、の、爆発危険物と暮らすのは、それなりに大変だが、まだ現実に汚されていない(そのうち、世の中を学んで、丸くなっていくのだろう)、魂を見ていると、「すごいなあ」と感動する。「現在、生きていくための勉強中」て感じだ。願わくば、彼女自身の、生命のエネルギーで、いろいろな事を糧にして、大きくなっていって欲しいなあ(私の気が回らなくても、強く、たくましく成長してくれないかなあ、、、なんて)。
3歳まで、あと2ヶ月。彼女自身、とても、その日を意識している。多分、今年の誕生日は、彼女自身の希望を聞き、一緒に計画していく事になるんだろう。そう思うと、本当に本当に、成長したと思う。そして、そんな時間を過ごせるなんて、なんて、素晴らしいんだろう、と感謝せずにはいられない。
Nanoka became 2 years and 10 months old. She is very dependent to me and teachers-asking for help saying she cannot do it even she can do everything.
At the same time, she talks a lot. She is very sensitive about what I said. I have to be careful about my words since she would notice any paradox. To see our conversation, husband said, "It is too complicated" but it is important for us. Otherwise, she would be very upset.
It is more complicated and difficult compared with simple relationship between mom and baby. Now she is very "right" to everything, but she cannot accept the reality of the world. She is hurt to see all the trash on the road. She keeps hurt by friends attitude to next week. The world must be stressful for her. I should follow her emotion, but some cases I did not understand what she felt.
Still it is just beautiful to see this pure spirit of the human being. It is still growing and probably she will develop by her own nature energy.
2 more months to go til 3 year old. She is very looking forward the day. Probably we will plan the day together this year. I am so pleased to have this honor to spend the time.

0 件のコメント: