2017年3月1日

ママ至難の時期 Mommy's hard time of the year

video

この時期は、フリーランスの仕事人にとって、
「確定申告」という、重い荷物のある時期だ。

そこに、諸々の仕事が重なり、
さらに、相方は出張するわ(駅伝に出るわ、打ち上げに出るわ)
ナノカは嘔吐下痢するわ(夜中じゅう世話をするわ、元気になって話し続けるわ)
で、予定が大幅に、遅れて行った。

さらに、こういう時に限って、めぐりのよくない事も起きたりする。
イヤなことも、言わなきゃいけなかったり、考えなきゃいけなかったり、、、
ガマンを何個も重ねていたら、だんだん、楽しくなくなってきた。

昨日は、この忙しい中、思い切って、ナノカを休ませて、
ドイツのボードゲームをする会に出席した。
負けるのが嫌いで、ゲームができなかったナノカが、
少しだけ、ゲームに興味を持ったので、ちょっとでも、慣れてくれたら、と思った。
数回、ふくれたり、泣いたりしたけど、なんとか、輪の中に入ってた。

夜には、「リンゴが、切ってみたい」と言う。
小さな手に包丁では、皮むきが恐ろし過ぎたので、果物ナイフを、握らせた。
「ひ〜、あと数ミリで、指チョッキンだなあ」と、思いながら、
ガマンして、やらせ続けた。
一個終わる頃には、ちょっと、上達。

ナノカも、苦手なことを、ちょっとずつ、前に進んでいるわけだ。

イヤなことが重なっても、一個ずつ、片付けていくしか、方法はない。
苦手な作業や、あまりポジティブではない事も、
淡々とこなしていき、 終わらせるしかない。
そして、確定申告の資料作りが終わった。ひと段落。

苦手なことを、一つずつ終わらせるたびに、
荷物を降ろして、物事が好転していくような、
そんなイメージで、乗り切っていけたら、と思う。
It is time to fix the tax.
I really hate this and feel stressful about that.
At this busy time, husband went on business trip, and ran the marathon,
and Nanoka was sick and recovered to talk a lot.

I could not make the schedule as I planned
and felt very pressure every day.
Then other bad things occurred at the same time.
I tried to stand for, but gradually felt down.

I let Nanoka absent from the school and
brought her to the board game group.
She originally dislike games since she hates being loser.
Recently she showed a bit interest in games
and I thought it a chance to get used to be a loser.
She was almost fine there.

Then she did peeling the apple skin for the first time.
She was nearly cutting her fingers
and I felt scared of it, but tried no to see.
She did it.

Kids tried something bad at,
then gradually they broaden their world.

It is always one by one to get out the situation.
Only thing to solve the problems is just to keep finishing up
all the difficult tasks.
Finally I finished most of the document works of tax.

0 件のコメント: