2011年10月27日

Pee Nano しょんべんたれナノちゃん

I probably had bad mouth. When Nano was chubbier(now she gets a bit styled after work-out(?)), I saw her smiling and said, "Nano looks 'typical nice chubby character'" and my husband resisted it, "mommy is bad!" 多分、私は口が悪いのだろう。ナノが今より太って見えたころ(最近、大きさが追いついて、少し、締まって見えるようになった)、にま〜と笑ったのを見て、「ナノ笑うと、性格のいいデブ(よく映画とかで出て来る、気のいい太った親友役)みたいだね」と言ったら、「ひどいママだ」と相方に非難された。

One day, Nano peed around so many times(she peed when changing dippers) and I said, "well, you will be called "Pee" by bad boys". That classic nickname appealed to grown-up boy, husband. 最近、あんまりにナノがおしっこをまき散らすから(オムツ替えの時に、派手にやるのが多い)、「こんなの男の子に見つかったら、しょんべんたれ、て呼ばれちゃうよ」と言うと、「しょんべんたれ」という古風な呼び名が気に入ったのか、シモな名前が男の子心をそそったのか、相方は「しょんべんたれか〜」とくり返していた。

"Kids are severe and bad to make nickname. I was once called fly(since my name pronounce is closer to fly in Japanese) by elementary classmates and they even danced around me by fly." I said. Husband laughed. 「そうそう。子供って、ひどいんだからー。私なんてね、小学校の時に、男の子に「はえ〜」(発音が似てるから)って言われて、ハエダンスまで踊られた事があるよ。」と言うと、相方が笑ったので、

"So what's your nickname in elementary school?" I asked husband. He said,"well, the bottom of milk jar, etc,,," He wore thick glasses at that time. Oh, well, kids are bad. 「ねえねえ、どんなあだ名で呼ばれてたの?」と聞くと、「いろいろあるよ、えっとねえ、『びんぞこ』とか、、、」相方は小学校の頃、遠視で分厚い眼鏡をかけていたのだ。びんぞこって、それこそ、クラッシックなあだ名、、、子供って容赦ないねえ〜。

2011年10月26日

4 months old 4ヶ月になりました。

Nano became 4 months old on October 21. She became much much active now. She got to know how to turn her body, so I have to keep my eyes on her all the time. Yesterday, I was washing the dishes and heard big noise. She was kicking the shelf door and it happened to fall onto her. I was so shocked and held her up. She was surprised at what happened, but did not cry. How can I make sure that she is OK all the time? Now she can use her hands to pull the strings, she know how to turn(but she cannot control it) and she is curios. I put her baby bed surrounded by walls, but she cried loud for out. Yeah, I knew it was not fun. I start working regular way soon. We talked about nursery home, but she is 0 year old and I am at home working, for husband, it does not seem good idea. Anyway, it is very hard to get in the public nursery service in my area. So many kids, working mother and less services. As the last answer is that I go to my parents home with Nano to finish project.
For baby parents, it is so much things to think. I heard so many fighting stories from my friends couples. Big change and big responsibilities we had never experienced. Money, time, house working, education,,,and we do not know solutions. Each has opinion. Never ending talk.
But still Babies are there. How could we give up seeking for the solutions? Nano sleeps like an angels after we finished tiring day. It is sweetest day of our life.
ナノは10月21日に4ヶ月になりました。寝返りをおぼえ、手も上手に使えるようになり、目が離せなくなりました。昨日は、皿を洗っているちょっとした合間に、ガターンっと大きな音がして、かけつけてみると、食器棚の扉が外れて、ナノが下敷きに!私は青ざめて、抱き上げたのですが、ナノはボー然、という感じで、泣きもせず、目をぱちくりしていました。どうやら、蹴っ飛ばしてる間になったようです。それ以外にも、寝返りはできるけど、コントロールができていないため、勢いでひっくり返って、床に激突して大泣きしたりと、とにかく危なっかしい。危険防止と柵のついたベビーベッドに入れてみたけれど、柵をつかんで、大泣き。確かに、閉じ込められた感が満載で,気に入らなかろうとは思いましたが、、、しかしながら、私も仕事を本格的に再開せねばならず、保育園に預ける検討も始めたのですが、相方は「0歳児を、、、」と反対模様。実際、横浜市の保育園は待機児童も多く、なかなか入れてもらえるものではないので、結局、大きめのプロジェクトの仕上げの期間、実家に帰って、仕事をする事にしました。11月前半は実家です(じじ、ばば、に成長したナノに会わせられるのも、うれしいですし)。
赤ちゃんが生まれた後の、友人夫婦のケンカを多く見てきたけれど、まさに、一気に今まで経験した事のない変化と責任を負って、お金、時間、家事、教育方針、など、ぶつかりたくもないのに、ぶつからざるを得ない現実。友人達は、いつか本当に解決するのか、怪しみながら、毎日をなんとかがんばってる、と口々に言っていました。「子供いなかったら、別れてる」から、「死んじゃえばいいのに」まで、それぞれに、いろんな不満を抱えながら、、、
私達も、もはやそれが他人事ではなく、 ナノの天使の寝顔に支えられながら、これからの毎日をがんばっていくしかないんでしょうね。
Anyway, he is good father of Nano, and Nano is happy baby. なにはともあれ、相方はナノのいいパパであり、ナノはハッピーな赤ちゃんなのです。



2011年10月25日

first concert はじめてのコンサート



My sister told me about "Happy Mother Concert" It was concert for small kids who cannot enter real concert. It was the concert for kids from 0 year old. Kids are allowed to feel, dance, sing, and move as they want.  姉に教えてもらって、「ハッピーマザーコンサート」なるものに行った。ナノのはじめてのコンサートだ。子供のための、そしてママの息抜きのためにできたコンサートで、自由に体を動かして、子供達も音楽を楽しめる。そういえば、私の小さな頃、母も「親子劇場」なるものに出資して、お金を積み立てて、年に1度か2度、劇やコンサートに連れて行ってくれたなあ。私も子供ができたのだし、アーティストとして、作家として、何か、こういう活動に関われたらなあ、と思った。
I wondered if Nanoka could listen to music since she was still 4 months old. If she started to cry, we had to go out. I hoped that she liked it. まだ4ヶ月のナノが、コンサートでおとなしく聴いていられるか、心配だったが、
Once the concert started, Nanoka was curious to music. She was quiet staring at the stage. I was moved to see that. She was now big to feel the real music! I really felt that it was good experience. 音楽が始まると、じーっと舞台の方をおとなしく見ていた(途中で一回寝ちゃったけど)。それを見て、「もう、音楽も聴けるようになったんだ」と感動してしまった。行ってよかった。

I remembered that I went to the classic concert once or twice a year with family. It was night and for me, the country girl, it was special to go to the town in the night. It was special memory of mine. 自分が子供の時、年に一度程、親がクラッシックのコンサートに連れて行ってくれた(チケットをもらったんだと思う)。夜の街のおでかけは、田舎育ちの私には特別な体験で、今でも、静かになった街のショーウィンドーや灯りを、特別な気持ちと一緒に思い出す事ができる。

I was taking the piano lessons when I was small. I never be good player, but I loved playing the piano. It was experience of expressing emotion by music. I want Nano to experience the same feeling. I do not know if we can afford it, though. 私はピアノを習っていた。上達せず、あまり音楽センスはなかったようだが、ピアノをひくのは好きだった。感情や思いを音楽に乗せる、という感覚が気持ちよかったのだ。ナノにも、経験させてあげたいな、と思う。させてあげられるのかな?

2011年10月24日

satisfaction 満たされた気持ち

When I got pregnant, I was a little afraid of having children. I had wanted one for a long time and I loved kids all the time, at the same time, I did not have enough confident to be a good mother. I had been a free single for a long time. Like "a giving tree", once becoming parents, they are the people who give give give. "Can I just be a giver?" I wondered. Now I have one, I noticed one fact. Giving is not just giving. When I saw Nano filled with satisfaction, I had illusion that I myself was filled up with satisfaction. It is much easier to be a giver than I had expected.
私は、昔から子供好きだったし、できた時は当然うれしかったが、同時に、「本当に、親になれるんだろうか」と不安にもなった。親になるとは、ただひたすらに与え続ける存在になる事。長いこと、自由な独身だった私に、急にそんな事ができるのか、想像できなかったのだ。実際に、産まれて、せがまれるままにおっぱいをあげて、試行錯誤で世話を焼いてるうちに、ふと気づいた。ナノが満足そうな顔をしてるのを見ると、なぜか、私も満たされた気分になるのだ。自分で与えておきながら、自分が与えられたような錯覚に陥るのだ。不思議なメカニズムだが、こうして、自然に子供が育てられるようにできているのかな、と思う。「与えっぱなし」と想像していた母親業だが、実は、同時に、自分も癒されているのだ。
When we had guests at our house, Nano wanted milk. So I moved to another room to do breastfeeding her. Then guest's son around 8 years old, followed me to "I will watch it." 先日、お客さんが来た時に、ナノがおっぱいを欲しがったので、「ちょっとあげてくる」と違う部屋に行こうとしたら、「僕も行く」とお客さんの息子さんがついてきた。

I felt a little wierd since he was not so small like 3 years old. He happily watched my feeding Nano. 8歳位の子だったので、ちょっと不思議に思ったけど、うれしそうにおっぱいをもらってるナノを見ていた。

When we went to the park with Haruto and my sister, I needed to breastfeed Nano. I picked up the cape and fed her inside it. Haruto wanted to see and opened the cape. "Please not. I do not want to be seen by the unknown" I said. My sister explained that the kids loved watching baby's breastfeeding because they somehow feel like they are satisfied, filled up with love and warmth. Does it remind them their baby time? 先日、姉とハルトと公園に行った時に、授乳をしようと、ケープをかぶったら、ハルトがめくって、見るので、「外から見えちゃうよ」と言ったけど、やっぱり、うれしそうに見ていた。姉曰く、「どうやら、子供って、赤ちゃんがおっぱいもらってるの見ると、満たされた気持ちになるらしいのよね。」と教えてくれた。もう自分はおっぱいは卒業してる訳だけど、いい記憶として、残ってるのかもね。

I do not know if it is same, but I myself also feel somehow satisfied when I saw Nano was filled with satisfaction. Mother is more than just a hard work. 私も、ナノがおっぱいに吸い付いて、一生懸命飲んでるのを見ると、満足感がわいて来る。いっぱい飲んで満たされた顔をしてるのを見ると、自分も、満たされた気持ちになる。こうして、母は、子供の世話を見続ける事が億劫ではなくなるんだな、と思った。母親になるのは、誰にとっても不安な事だろうけど、まさに、案ずるよりも、産むが易し、にできてるのかな。

2011年10月21日

First Meeting はじめての打ち合わせ


On the other day, I brought Nano to business meeting. There were no nursery service available, yet, and the editor said it was fine for me to bring Nano since she also wanted to see her, then Nano participated business meeting for the first time. 先日、ナノを打ち合わせに、はじめて連れて行った(というか、産後、はじめての打ち合わせだったのだ)。まだ、預けられる保育園も探しておらず、「ナノちゃんにも会いたいですし、どうぞ〜」というお言葉に甘えて、連れて行った。結構、おりこうさんでした。


Just before leaving house, I tried to change her dipper and she pooped all over,,,Why the baby always pooped right before appointment? I called and asked 10 minutes delay,,,家を出る直前に、オムツを換えていたら、うんち爆弾を落として、座布団まで汚してしまった。パニックになりながら、結局10分、待ち合わせを遅らせてもらった。
At the beginning, I kept Nano in the stroller and she was quiet for about 10 minutes, but she got bored and groaned loudly little by little. さて、うまい事長く、もつといいなあ、とベビーカーにいれたまま、打ち合わせをしていたが、しばらく経つと、ぶーぶー言い出したので、

Then I held her on my knee. Nano was seriously watching papers and looked thoughtful about project. Were you joining? ひざに乗せた。すると、資料を見たり、編集さんを見たり、考え深げな(?)顔で、おとなしくしていた。参加してるつもり?

Nano fell asleep during meeting and we completed meeting OK (with a little fun chat). Nano smiled at editors at the last moment when we said good bye. 途中からは寝てしまったおかげで、はかどり、ミーティングは無事終了。最後にお別れの瞬間に、お昼寝できて機嫌が良くなったのか、にっこり笑顔を見せてました。ツンでれナノちゃん、だねえ、、、

2011年10月18日

I've done, mammy! 気合いだ!気合いだ!

 
This week, husband were out for business trip, and I was alone with Nano. I was trying to clean up when Nano was quiet on cushion. 今週も日曜から相方は出張でいない。私は、ナノがぼーっとおとなしくしてる所を見計らって、皿の片付けをしていた。

I heard Nano groaned and ran to her then I
found her upside down on the floor. How could she be like that? ううーーっといううなり声が聞こえたので、あわてて行ってみると、ナノが座布団からはみ出て、ひっくり返っていた。あれ?どうして、こうなってるんだ?と思ったので、

I tried to put her face up onto the sheets. She turned herself by herself! Oh my god! She did it! I tried three times and she did it now easily. 布団に連れて行って、あおむけに置くと、むんむんっと体を収縮させたかと思うと、次の瞬間その勢いで一気にうつぶせになった。おおーっ、とうとう寝返りができた!三度程ひっくり返してみたが、コツをつかんだのか、いとも簡単に寝返りを打つようになった。

Then I noticed that husband must want to see it. I grabbed the camera and tried to shoot the movie, but Nano was tired after first mission, and fell asleep.そこで、はっと気づいて、「そうだ、相方も見たいに違いない」と携帯カメラで撮影しようとしたが、はじめての寝返りでエネルギーを使い切ったのか、うつろな目をしてたかと思ったら、寝てしまった。相方から、「見たいなあ〜♡」というメールが来たが、その夜はこんこんと眠り続け、残念ながら、お預けとなった。
video 
this is the movie next morning. See her shouting for good concentration. これは、次の日の朝に撮りました。気合いの雄叫びにご注目。

2011年10月17日

Debut to Ginza 銀座デビュー

On Sunday, we were going to Ginza, town like 5th Ave at upper east in Tokyo, to see exhibition of designer I knew well. It was hot again, so I put the dress to Nano and she looked fancy in it. 日曜日、知り合いのデザイナ−さんが展示をしてるので、ごあいさつに、家族揃って銀座に行く事にした。また暑くなったので、ナノにサマードレスを着せた。このドレスを着ると、ナノはちょこっとお嬢様っぽく見えて、かわいい(親バカ)と思ってる私は

So I said to husband, "If old wealthy lady came to us and asked us she wanted to adapt her, what should we do?" Husband thought a bit. 「ねえねえ、お金持ちのおばあさまが現れて、『まあ、かわいらしい。養女にしたいわ』て言ってきたら、どうする?」と相方に聞いてみた。

"The old lady would be very nice woman like grandmother of Clara in Heidi. Nano might have better life there." I said. Husband answered, "Well, there is Rotthenmire in that case." I added "Rotthenmire was not bad person. She was just trying to educate better!" 「ハイジの、クララのおばあさまみたいに、いい人で、上品で、ステキな人だったら、どうしよう。ナノ、いい教育が受けられて、幸せになれるかもしれないんだよ」と私が言うと、「でも、あそこには、ロッテンマイアーさんがいるからなあ」と相方は言いながら、オムツを換えて、、、

At that time, when husband changed Nano's dipper, he found her skirts dirty by poop. I changed her black skirt to pink pants. She did not look like fancy girl, anymore, but naughty healthy girl. "Adaptation is not available now." husband said. Of course, we wouldn't give Nano to anybody in reality. ナノのスカートにうんちがついてるのを見つけた。仕方なく、下の服をピンクのズボンに着替えさせると、健康的な、おてんばな女の子になった。「養女の話はなくなりました」と相方。はじめての銀座で、ナノはおとなしく、ネコをかぶっていましたが、養女の話は来ませんでした。もちろん、どこにも、やらないけどね。

2011年10月14日

Sex and the City セックス&ザシティ

Recently we rent "Sex and the City" DVD and watched them. Husband was surprised that I was so into it. 最近、セックス&ザシティのDVDを借りて来て、みているのだが、私のあまりの集中具合に「すごいなあ、入り込んでるねえ」と相方が言った。

I explained him, "well my all girlfriends and transgenders friend in NY used to watch and cried. We had so much sympathy with the characters and we felt like they were our friends." He said, "I cannot believe that you used to cry to watch them" 私は、「ニューヨークにいた頃、どの女友達(ゲイの友達も)も、泣いてみてたんだよ。もう、登場人物とか、他人とは思えないよ。」と言うと、「え、これ見て、泣いてたの。信じられない。」と言われた。

Actually that is really true. I still enjoyed watching them, but I don't feel like crying. What changed? Then I thought that we were all around thirty something single girls at that time in NY, and we had so many similar experiences with four girls. 言われてみて、確かに、今となっては、泣けるという事は全くない。どうしたんだろう?そして、そう言えば、当時は登場人物達と同じ、「ニューヨークに住む30代シングル」だったからなあ、と思い当たった。あまりに、状況や気持ちがリンクする場面が多くて、本当に、心が痛む、というようなぐらいシンクロしていたのだ。

Then now? Samantha on screen said "He is not good for her." about Big for Carrie. My friend used to say to me, and I said to my friends. Now,,,behind me, husband changed Nano's dippers. サマンサが「彼(ビッグ)は彼女(キャリー)に、よくない男だから(心配なのだ)」と言ってる場面で、そういや、こんな事、しょっちゅう言われてたし、言ってたなあ、と思った。今はといえば、後ろで相方が、ナノのオムツを替えている。もはや、「悪い男だとわかってはいるけど、、、」とかじゃ、泣けないのも道理か。

2011年10月12日

sunset cry たそがれ泣き

Around the time of sunset, Babies have tendency to cry. It is called "Sunset cry" in Japan. Nano's mood is getting bad everyday around sunset, too. 赤ちゃんは夕方になると、決まって泣き出す。これを「たそがれ泣き」と言うのだそうだ。 ナノも日が陰ってくるころから、ご機嫌が怪しくなり、、、

She cried for nothing, I gave her breastfeeding, changed dippers and sang songs, but she kept crying loudly. 暗くなる頃に、ギャン泣きになる。おっぱいも、オムツも、全部する事はしても、ただひたすら大声で泣き続ける。

She kept crying till she fell asleep after being tired of crying. Sometimes it takes two hours to let her sleep. I got exhausted after that. When husband came from work, Nano always become fine after sleep, and he never understood sunset cry. この時間は、もうあきらめて、ただ抱っこして、疲れて寝るのを待つしかない。時に、2時間、ぐずっていたりする。そうなると、へとへとだ。相方に、「今日も大変だった」と説明するのだが、相方が帰る頃にはナノは天使のように眠ってるか、眠った後で機嫌がいいので、イマイチ伝わらないようだった。

On this weekend, husband happened to take care of Nano around that time. I kept cooking and did not help him. Nano finally slept and he said, "what's wrong with her? I did not get it!" Actually I was giggling since he might know how hard everyday of mine is! 週末、相方が面倒を見てる時に、たそがれ泣きが始まった。私は知らぬフリをして料理を続けていたが、1時間程、泣かれた相方が、ナノを寝かしつけた後に「意味がわからないし。なんなんだよ」と疲れた顔をして、寝室から出てきた。これで、わかってもらえたかな?

2011年10月11日

grandma generations gather to baby おばさまホイホイ

When I walked with Nano, I met people talking to Nano. Most of them are same generations-late 50s to 70s. I felt that babies at this age(probably before standing) have strong appeal to them. It was almost like trap for catching that generations. Anyway this makes our walking happy one. ナノとおでかけをすると、50代後半から70代ぐらいまでのおば様に(時におじ様にも)声をかけられる。新興住宅地で、普段はあまり人が声を掛け合ってる姿が見えない街なのだが、この時期の赤ちゃんだけは特別なようで、強い求心力を持っているようだ。私は、まるで「おば様ホイホイのようだ」とすら思った。このおかげで、私は散歩が楽しくなった。

Nano has very bold attitude when she was on the stroller. She was relaxing like a king and kicking the bar with her bold legs. ベビーカーに乗ってる時のナノの態度は、相当なものだ。仏頂面でリラックスして、足はバーをガシガシと蹴っている。

For some reasons women in their from late 50s to 70s gather to Nano. She did not smile, but just has her "what's wrong" face. The women all said that she was cute and said "She smiled!" if Nano just narrowed her eyes. 親の目から見ても、「ふてぶてしいなあ」と思うその姿を、50代後半から70ぐらいの、世のおば様達は好もしいと思うらしく、「かわいいわ〜」と寄って来る。目を細めた瞬間を見て、「笑った」と喜んだりする。ナノは、わりと愛想が悪いので、あまり外で笑うとは思えないのだが、、、

On weekend, we went to Asakusa and husband carried Nano. While I bought sweets, the middle aged tourist came up to Nano and touched her and even called her friends to touch chubby hands and legs. 週末に浅草に行ったのだが、そこで旦那に抱っこされたナノは、観光中のおば様につかまった。「いや、このむちむち、触らせてもらいましょう」と友達をわざわざ呼んできて、みんなで触っていた。

At the community center in my neighbour, Nano and I hit on the group of those women who took flower arrangement class. They said that little ones were cute and one of women there said, "I want one!" well,,, 先日は、地域センターに寄ってみたら、生け花コース帰りのおば様の集団にぶちあたった。「あら、小さい子はかわいいはねえ。」とほほ笑むおば様の中の一人が、「私も欲しいわ〜」と言った。すごい発言だなあ。

2011年10月6日

first meal お食い初め

There is another tradition that babies have first meal on 100th day to wish "they never have problem of food" in Japan. It is called "Okuizome" and it has more than 1000 years history. September 28th was Nanoka's 100th day. It does not have to be exact day, so we decided to do last weekend. Both grandparents were not coming for this, so we kept it small and personal, again, but still special. I thought it was so important since it was about food!9月28日がなのかが生まれて100日目。聞いた所によると、どうやら、「お食い初め」とやらをするらしい。例によって、都会の核家族らしく、じじばば等も来る様子がなかったので、こじんまり、家族3人で行う事にした。行事続きで、家計が苦しかったが、奮発して「鯛の尾頭付き」も注文した。平日に買い物に行ったり、調べ物をしたりで、一人でなんとか、それらしいものを準備した。本来は、女の子は黒塗りのお膳とお椀、みたいなお食い初めセットがあるらしいのだが、お高いので、私が昔、イラストの賞の副賞でもらった大人用の塗りのお椀を使った。お箸は新しいのを買った。これで、食いしん坊ナノがいつ、食べ物を口にしても、「お食い初め後」になるので、安心だ。
I looked up "Okuizome" and found the dishes I had to prepare for the ceremony. It is "sour dish" "clear soup-with clam or devil fish or shrimp" "seasonal vegetable dish" "sticky rice with beans" "dried pram" "black beans" "Grilled whole devil fish", three stones from shrine, in new dishes...お食い初めについて調べてみると、「酢の物」「吸い物」「季節の野菜の煮物」「赤飯」「梅干しや黒豆」「尾頭付きの鯛の焼き物」そして神社から借りて来た石、を並べるようだ。

I had to prepare all by myself for three days. I called up some stores and ordered fish. Then I went shopping to look for new kids chopsticks. Then I bought vegetables. Nano was bored of shopping and I was in a harry. 平日に一人で準備をしなければならず、ナノを伴って、買い物へ。もちろん、ナノはご機嫌が怪しく、焦りながら、必要な野菜と、子供用の箸を探して、うろうろした。

I was so tired after shopping and did some preparation. I was checking the list and said, "OK, so we will pick up fish and buy some sticky rice with beans there." 煮物を作り、下準備もして、「よし、後は日曜日に鯛を取りにいって、そこで赤飯を買う」とチェックしていたら、相方が聞いていて、

Then husband said, "why don't you cook rice. I do not know, but you can add red color or something," I was almost mad. I did everything by myself and still he asked me more. Actually his sticky rice cooking idea was so wrong, Don't mention about cooking without knowledge! 「それこそ、赤飯ぐらい、作ればいいじゃん」と気軽に言ってきた。全部一人で準備してるのに、そんな手のかかる事までやっていられるか。ムカ〜。「色紅とか入れて、炊けばいいんでしょ?」ていうか、間違ってるし。ホント、わかんないなら、黙っててよね。
video
This is her first meal (she just pretended to eat. 無事、お食い初めも終了いたしました。

2011年10月5日

Omiyamairi お宮参り

"Omiyamairi" is the first ceremony of new born baby in Japan. People brought baby to the shrine around 30 days after birth. It usually became the first outgoing of baby since the babies are too tiny to go out and mommies are too tired after delivery. Actually we could not do that since it was too hot during summer to go far. Traditionally there are special kinds of clothing to cover baby and person who hold(usually grandmother) but since we go only by ourselves and it was too much to pay everything, we just keep it personal and original.  お宮参りと言えば、赤ちゃんの最初のイベントで、30日前後に行われる。が、その時期は、赤ちゃんはまだ小さいし、お母さんは出産後の疲れでまだへろへろだし、で、少し時期をずらす人も多いだろう。私達は、夏の暑さもひどかったので、結局、3ヶ月以上経ってからのお宮参りになってしまった。また、いわゆるお宮参りの時に着るような服も、自分達だけでお参りするので、はしょってしまった。それでも、安産祈願に行った神社に行って、お守りを納めると、なんだか感慨深い気持ちになった。
At the beginning of August, we went shopping and found summer dress for Nano. "Well, since it doesn't have to be so formal, but it should be new and special cloth for her. We should buy for Omiyamairi." and we bought summer dress and pants. 8月の初め、買い物でナノに似合いそうな夏のオシャレ着を見つけた。「お宮参り、自分達だけでするんだし、伝統的にやる必要ないんだから、せめて、新しい服でさせてあげようよ」とその服を購入した。

But it was just too hot to go out during August and September. We could not make it until becoming cooler since Nano would be sick by long drive and walking outside in heat. が、本当に今年の夏は長くて暑く、8月はおろか、9月になっても、ナノを連れて、とうてい出かけられる様子ではなかった。

Finally it got cooler at the end of September, so we decided to go. We took out the summer dress from the chest and tried it her on. 9月も末になり、ようやく涼しくなったので、お宮参り決行が決まった。そこで、サマードレスを出してきて、着せた所、、、

She looked cute, but it was just too tight and back buttons were almost coming off. While waiting for cooler weather, she grew so much,,,as a result she ended up wearing this cute cloth only twice,,, むっちむっちで、背中のボタンは今にもはちきれそう。ムリヤリ昔の服を着たおばちゃん、みたいな後ろ姿になった。結局、ナノはこの服を2回しか着れなかった。涼しくなるの待ってるうちに、急ピッチで育っちゃったのね。

Anyway, we did "Omiyamairi" なんとか、お宮参り完了。
And she took pictures in her dress. なんとか、この服を着た写真も撮れました。

2011年10月4日

50%off still valuable? 5割引でも大丈夫?

video
50%off means still cute in this video I thought. This is the tool my friend gave me for my birthday to help my bath time without husband. 5割引でも、かわいいのでは?これは、友人が出張が多いうちのために、「お風呂を一人で入れるのの助けに」とプレゼントしてくれた浮き輪です。

50%OFF 5割引

One day, I was looking at Nano, and thought she was so cute. I heard the science story that parents had eye glass through which they looked their kids superior then they could raise them well. ある日、ナノを「かわいいなあ」と見ていて、ふと、これって自分だけなのかな、と思った。前に雑誌かなにかで、「親は子供をかわいいと思う眼鏡をかけてると思った方がいい。その眼鏡のおかげで子育てが出来るのだ」というのを読んだことがあったからだ。

I went up to husband and asked, "I thought that Nano is so cute. Do you think it is because I am parent of her?" I just wanted him to say, "No, Nano is cutest!" since he is only one who agree to it. そこで、相方に、「ナノがすごくかわいいと私は思うんだけど、やっぱり親だからかなあ」と聞いてみた。「いやあ、ナノはかわいいでしょー」と言ってもらえると思ったのだ。

But he seriously answered, "well, I have been thinking of it for a while. You know the girl on the skiing slope looked 20 %  more cute than usual. So being parents is more big thing, then I calculated at least 50 % up we are looking at her." ところが、相方は乗り出してきて、「俺も、冷静にならなきゃいけないと思って、ずっと考えてたんだよね。ほら、ゲレンデの女の子は2割増、かわいく見えるって言うじゃん(なんて古いたとえ)。俺らはナノの親な訳で、もっと大事なんだし、少なく見積もっても、5割増ぐらいだろう、ていう結論に至ったんだよ。」と熱く語った。

He said that we had to keep it mind to have fair view. 50% off,,,well Nano is still cute! 気をつけなきゃダメってことだよ、と相方。つまり、このかわいさは5割減、てことか、、、いや、それでも、かわいいんじゃない?